おしゃれな安全靴

おしゃれな安全靴

ハードな薪づくり作業に欠かせないのが、手袋と安全靴です。
手袋はすぐに穴が空くので豚皮の安いモノを取り替えながら使っていますが靴は、警察も使っていると噂されている1万円の長靴を数年使っています。
これがそろそろ寿命なので、安全靴を新調しました。

箱なし

使用頻度も低いし、プロでもないので安くて、そこそこの機能があればいいので残念ながら中国製のものにしました。
安全靴なんて普段は縁が無いので、近くのホームセンターで買おうと思っていましたが、amazonで検索するとおしゃれで安いのが続々出てきます。
全て中国製。

ほら、おしゃれでしょ。
知ってる人は知ってるのだと思いますが、こんなかっこいい安全靴があるとは驚きです!
これは、3千円台ですが千円台の商品もあるんですよ。
これを知るきっかけは、メルカリでした。探しているうちに新品が結構な数でていたので、それを追っていくうちにamazonにたどり着いたという訳です。
販売サイトには、必ず中国製品がまぎれていますね。

つま先には金属が入っていて、底は厚いけれど多少クッション性があるようです。全体を覆っているグレーの布部分は「薄い」(普通のスニーカーぐらい?)ので薪作業には多少心配なところ。
予想としては、各接合部分(異素材同士)がはがれてくるのではないかと考えています。だって、3千円台ですから。
サイトの商品説明には
・鋼製先芯入り・防弾材料Kevlar搭載・耐摩耗ソール とあります。

激しい作業にどれだけ耐えるのか楽しみです。
普段のサイズは25cmですが、冬の作業で厚い靴下を空くことが多いので25.5cmにしました。実際に履いた感じではちょうどいい具合です。

もうひとつ心配な点がありました。靴紐です。
ミシッとした感じではなく、ふわふわなヒモです。すぐに切れそうなのでこれは、登山靴のヒモとかに変えた方が良さそうです。
耐久性を試すつもりなので、切れるまでこの状態で使ってみます。

本格的な安全靴の底とは違いますが、そこそこ安全そう。
このヒモはきびしいかも。

中国製品は発送から届くまで約10日ぐらいかかります。
早く届く商品もあるのですが、ほんとに10日もかかるんですね。明日、明後日というサイクルになれてしまっていると、その10日が長いこと長いこと。
今週使おうと思って頼んだのにガッカリ。ということが普通にあるんですね。

これから、実作業で使いますのでどうなったかまたレポートしますのでお楽しみに。

購入した安全靴