はじめてのサドルバッグ

はじめてのサドルバッグ

コンビニまで行くなら何も荷物は持ちませんが、数十キロ走るとなると心配性じゃなくても色々荷物が増えてきます。
最低限の荷物となると、パンク修理セット、スマホ、サイコン、水ボトル、ロックチェーンなど。
で、小さなバッグが必要になります。

自転車用のバッグは種類が豊富で、どれを選んでいいかわからないという輩には普段の乗り方や、趣味で選んでよさそうです。たぶん、バッグ類は1つ以上購入することになると思います。
私は自転車のシルエットを崩さないバッグを考慮し「サドルバッグ」しかなさそうでした。

私が乗っているミニベロは、サドル下にかなり余裕があるのでタテ型のサドルバッグに絞って候補を探します。
今は、大容量のシートバッグが流行のようで雑誌やWEBでよく見かけますが、10ℓとか日帰り輪行でも余り使わないような気がしますが、大は小を兼ねると申しますので何かと便利なのかも。


タテ型はそんなに種類があるというわけではありません。Amazaonをざっと見た感じでは、TOPEAKと下記の中華製らしい2種類ぐらいでした。

大きい容量と使い勝手は独壇場かな。

作りがちょっと変わっています。
進行方向、右側のポケットは小さい部屋になっていて小物系収納用、左のポケットを開くと本体内部にアクセスできるようになっています。
サドル下に取り付けるので、左右からアクセスするようになっているのですね。
内側が明るい黄色になっていて、ものが見やすくて爺には助かります。

小さい方の部屋

縦が32cmあり、容量は1.7リットル。荷物がない状態でも、しっかりした作りで形が変わりません。
大きいので取り付けられる自転車は多くはないと思いますが、邪魔にならないこのサドルバッグが気にいています。

大きい方の部屋

背中はボトル用メッシュポケットとテールライトを引っ掛けるループが付いています。

サドルへの取り付けは、付属していたパーツをサドル側に取り付け、本体を後ろからスライドさせて「カチッ」と音がするところまで差し込んでシートポストにベルクロで固定します。

このトピークサドルバッグは、上記以外に数タイプあるので下記にリンクを貼っておきます。