骨折によるむくみと膝の重さ

骨折によるむくみと膝の重さ

むくみがあると足が思うように動きません。骨折してから今ままで、むくみが引いたことがなくむくんでいる甲の部分や膝近くは触るとくすぐったいような感覚があります。
むくみの原因は、骨折による足のダメージでふくらはぎのポンプが上手く働かないため、血液中の水分やリンパ液などが細胞の間に溜まってしまうからだそうです。

今回のむくみは一過性とは分かっていてもむくみは不快なものです。
そこでホームページで検索してむくみを少しでも解消しようと、足のつま先から足首まで。それから、足首からふくらはぎ、膝辺りまでを下からゆっくりなで上げるようにマッサージしています。
朝と夜(起きたときと寝る前)5分ぐらいですが、マッサージは自分でやっても気持ちがいいですよ。

足の甲マッサージ
親指で上に皮膚を持って行くように
ふくらはぎむくみ
手のひらで皮膚を上にずらす感覚

おまけとして、筋力を付けるために500mmのペットボトルを持って腕の上げ下げ(前・脇)を始めました。こんなこと今までやったことがないのですが、最近、家の中にいても寒さを感じるようになりおかしいなと考えていたところ、「筋肉がなくなった」のではないかと思ったので合わせてやり始めたのです。
まだ、効果を期待するほどやっていないのでなんともわかりませんがこのまま続ける努力をして春には、らくらく自転車が乗れるようにと企んでいます。

むくみは波があって、寝てる間は足を水平にしているので落ち着くので朝起きて見ると左右の太さが同じなので気分がいいのですが、夕方になるとむくみが戻っていてガッカリします。この繰り返しの毎日です。
数ヶ月前を思い起こせば、朝になってもむくんでいる状態でしたから回復していることは確かです。ただ、むくみが続くのが長すぎないかい?年のせいなのかなぁ。

膝は、ちょっと無理すると重くなるので「サポーター」をしています。
このサポーターは、1年ほど前に「リュウマチ」を疑われる症状が出て購入したものです。結局リュウマチではありませんでしたが、あの足が痛いのは何だったのかわかりません。
サポーターの話ですが、大きく季節をまたぐようであれば2種類ぐらい必要になります。私はネオプレン製なので寒い時期だけです。
巻くタイプと履くタイプがありますが、履くタイプはズボンとの摩擦で位置がずれたりめくれたりするので、膝の大きさに合わせて調整できる巻くタイプの方が好みです。
巻くと、膝がキュッと1つになり大きな動きがしずらくなります。大きな角度になった場合痛みが走ることがありますから、そこが安心感があっていいんですよね。

内容は医療知識のない素人の感想と個人的な場当たり的な対処ですので、みんさんは医師や理学療法士の指示に従って下さいね。