自転車の服装について考える

自転車の服装について考える

この春から自転車(ミニベロ)を始めようとしているので、グッズやら服装やらの情報を見まくっている。かたちから入る性分なので思うカタチをイメージしているところなのです。

ロードイメージに引っ張られてしまう

体力的に分相応であろうミニベロの「輪行」で行くことにしているが、どうしても「ロードサイクル」の方にイメージが引っ張られて、「サイクルジャージ」や「サイクルパンツ」などのやる気なファッションに目が向いてしまう。
そのためか、前は「これは着られない」と思っていた、アメコミのヒーローのような派手派手でカラフルな「サイクルジャージ」に抵抗がなくなっている。
むしろ「かっこいい!」という感覚に。
海外通販サイトを見ると、国内よりも安く好みのサイクルジャージが販売されているので尚更手が届きそうなので買いたくなってしまう。
体力も無いのにかっこつけてどううすんの?という一方、機能的で背中のポケットが便利そうじゃ。とせめぎ合いが続いている。

街で浮かない自転車ファッション

結局のところ上記のキーワードが基本指針なので、いうなれば「スポーティな街着」で機能的なところは欲しいが普段着としても兼用できるもの。
それで思い出すのが、「アウトドアファッション」。
マウンテンパーカーやオーバースペックなダウンジャケットは、街中で市民権を得て久しいアイテムです。そう、「アウトドアファッション」のようなサイクルファッションが目標です。

こんな体型なら悩みも少なかったのかも

いいと思ったブランド

いろいろ見て気に入ったブランドがいくつかできました。
自転車専用ではなく普段も着られる服じゃないと家人のお許しが出ませんから、「サイクルジャージ」はなし。ですね。
出会いがあれば下記のブランドから購入し、ユニクロやワークマンを上手く使ってのコーディネイトになりそうです。

Rapha(ラファ)

ジジイ感想:Raphaが数人で始めイギリスから世界へ向けて動き出した頃から、おしゃれブランドとして注目していました。全体的な雰囲気が好み。

KAPELMUUR(カペルミュール)

ジジイ感想:ほどよくスポーティで機能的。サイトはださださだけど価格の点で本命です。実店舗にいってみたい!

narifuri(ナリフリ)

ジジイ感想:ここはおしゃれででスポーティ、何気なくいい感じ。しかし、お高い。好きだけれど手が出ない価格帯。メルカリで中古を探すしかない。

wiggle

ジジイ感想:海外サイト(英国)。オートバイをやってた頃も海外通販は利用していたので抵抗はありません。6000円購入すると送料無料。
ウエアやバッグなどは安くて購入しやすそうです。
サイクルジャージもTシャツっぽいのがあってちょっと気になります。

必須はサイクルパンツとみた

どうしてもお尻の摩擦はありそうですし、パンツの裾は細いか短い方が楽そうです。トップは、手持ちのポロシャツやTシャツで代用はできそうです。
ただし、汗対策にユニクロの速乾シャツの併用は必須そう。
そんなこんなで、メルカリからカペルミュールの「ストレッチクロップドパンツ」を安く手に入れました。はじめてのサイクルウエアです。

参考にならない写真

普段はGパンなのでストレッチ素材がすごく履き心地がいい。
腰回り太ももアタリは丁度いいのですが、ウエストがMサイズで少しきつめでした。ここは、乗って絞ればいいかとトラタヌしています。
ポケットは4つ。左右はボタン留め、後ろはフラップで見えない裏地が千鳥格子になっていて「おしゃれ」。


またひとつ自転車沼にはまっているようです。
まだ客観的に見ているのでいいのでしょうが、この後どうなるのでしょうか。
いろいろ妄想している時が一番楽しくわくわくが止まりません。
息苦しいご時世だけど、妄想は自由に楽しみたいと思います。

Amazonにはお手軽なのが結構ありました。