還暦旅行

還暦旅行

夏が過ぎ、9月。
妻の誕生日と還暦を記念して、伊勢と京都へ旅行した。足はこの頃調子が良く、歩く動作はギクシャクしていたが何ともなかった。
家族は心配したが、1日10kmも歩く旅だったけれどなんともなく帰宅した。

1年前の娘の企画では、海外へいくはずだったのが娘の妊娠で国内へ変更。その場所も二転して伊勢と京都になった。挙げ句の果て、娘は妊娠初期で行けないという結果に。
初日は、雨の中「外宮」をお参りし、次の日は早朝から「内宮」へを参拝。いずれもガイドさんを頼んだので、わかりやすく案内していただいた。
そこから京都へ移動し、三条近くの町屋風な宿へ宿泊。
窓の格子からは京の家々の瓦屋根が見えて映画を見ているような風景だった。京都の1日目は庭園目的で「南禅寺」方面へ行き結構な距離を歩いた。
ここで息子は東京へ帰り、最終日は妻と二人で思いつきで三十三間堂と美術館を回って帰路についた。
娘はいなかったけれど息子と三人で初めての伊勢参りができ、京都にも行けてたのしい久しぶりの旅行だった。
帰宅してスマホの歩いた距離をみてびっくり!
1日10km以上も歩いているではないの。これは、数日、足にくるかなと身構えていたが何も無かったので拍子抜け。
しかし、それから二週間後それはおきたのでした。