手術は転院してから

手術は転院してから

入院2日目、いい天気。
窓からは北の雪山が青空にすっくとそびえている。病院からの眺めとは残念。
昨日は、傷のためか体温と血圧が高く熱もあったけれど、今日はそれも落ち着いてきている。
お医者と今後の治療計画について話があり、まず…
連休中のため手術はできない(人手がない)
手術は地元の病院をお勧めする(その後のリハビリもあるため)
連休をただベッドで過ごすってかー
連休中に少しでも治療して、連休開けにぎりぎりで仕事できるかなーって思ってたのに!なんだよ。なんだよ。どこへ怒りを向ければいいの?自分だね。反省。

覚悟が決まりましたよ。
連休はベッドから会津の山々を眺めて過ごし、開けたら地元の病院へ転院し手術を受け、なるはやで退院し仕事する。松葉杖で歩けるようになったらという条件だな。
歩けないので、やはりwi-fiでNETFLIX観るっていうのが正しい過ごし方のような気がする。wi-fi注文して(期間も決まったし)ノートパソコンを持ってきてもらおう。
少し楽しくなってきた。
午後、家人達と両親までが見舞いに来てくれた。(すまない)
骨折という先の心配が無い病気のためか、父は笑って「やったな。」といい。母は入院が慣れているためか、入院小物をいろいろと差し入れてくれる。(ティッシュやコップはありがたかった)

後日談として聞いたが、見舞いに行くときに家人が父に「ガツンとバイク止めるように言って下さいね。」と言われたにも関わらず見舞いの時父は笑っていた。
同じ男で気持ちが分かるのか、それとも80代で高齢者ドライバーを続けている身で言えなかったのか、退院後会っていないので分からない。
父はやさしいね。

入院にポケットwi-fiは必須です。