ジジイ化粧をはじめる

ジジイ化粧をはじめる

ここのところあまりにも顔のシミがひどい。毎日見ているの自分でもひどい有様。40代ぐらいまでは「色白ね」とか言われていたとは誰も信じないだろう。
振り返れば、50代ぐらいまではシーカヤックを熱心にやっていて紫外線で結構やられたのだろうとボンヤリ思ってはいたのだが、何度か日焼け止めを塗ってそのまま遊び終わっても放っておいたのが大きな原因だったのではないかと考えている。
※後でわかったが、どうも飲み続けている抗生剤の副作用のようだ。

さて、過去を悔やんでも仕方がないので、シニアも化粧をすることにした。

目標

シニアのシミ、くすみを目立たなくする!見えないようにするのではなく「目立たない」というのがポイントかと思う。

効果

自分の顔は見えないのですが、化粧している顔を見て「いい感じ」と思っていることが、態度や気持ちに出ているような気がします。
お気に入りの服を着たときのような感覚に似ています。

方法

●なるべくシンプルな方法を模索する。
●粉、筆は使用しない。(今のところ)
●メンズコスメを使用する。


家人が化粧するのは、何気なく見ることはあっても興味があってみることはなかったので「化粧」のことはまったくわからない。
ティンエージャーまでは、整髪料やアフターシェイブローション、日焼け後のカーマインローションなどを使ったこともあるが、人生に忙しくなってからはクリームの1つも使ったことがない。どうやるのか??

いきなりドラッグストアのきらきらやたらと明るいコスメコーナーに、ジジイが立っている図も危険なのでここはネットですね。
さっ、さっ、検索、検索。

眩しすぎて近づけない

キーワードはとりあえず、「メンズコスメ 初めて 化粧」。
参考にしたページによると、メイクには仕上げまでのステップに応じたコスメがあるので、それを順番に使うことで自然で崩れにくいメイクができるのよ。とのこと。
そんなにマメな方ではないので、洗車もいい加減ですがきっちり洗車しようと思ったら、ある程度のステップと用品があるわけですが、毎日のことなのでなるべく簡単で効果が上がる方法を模索します。

コスメの種類と使いどころ

まずは、下地(ベースメイク)があります。
ベースメイクは、車体の傷や細かい傷をなるべく取ることで輝きが違ってくるのは経験豊かな諸兄なら知ってますね。顔も同じ。ここはキモです。
ベースメイクには「クレンジング」「洗顔フォーム」「化粧水」「乳液」「「ファンデーション」「コンシーラー」「BBクリーム」などのアイテムがあるようです。
こんなに使うの?めげますか。頑張れー!ジジイ!
私が現在使用しているアイテムは最後にご紹介します。

1) クレンジング
化粧落としです。エンジンオイルぐらい種類があります。
オイルタイプ(使用中)、リキッドタイプ(さらさらして使いやすい)、水タイプ(洗い流し、洗顔不要)、ジェルタイプ(解読不可)、バームタイプ(肌の負担が少ない)、ミルクタイプ(肌に優しい)、クリームタイプ(肌の負担が少ない)、シートタイプ(手軽で洗い流し不要)。以上!

まだスタートしたばかりですが、付いてきてますか?
たまに洗車しようと、シャンプーでも買いに行こうかと店に行ったところいろんな機能があるシャンプーがあってどれにしたらいいかわからなくなった。という状況?
種類があるだけで、使いながら自分に合ったものを使えばいいのです。もちろん1種類。化粧を落とすアイテムです。

2) 洗顔フォームと化粧水、乳液
この3つは、下地づくりの基礎なので手抜きなく行って下さい。(実感してる)言わずもがな、これも種類はあきれるほどあります。ウンザリ。
洗顔フォーム(石鹸)で顔を洗います。この時点でツゥルツゥル。次に化粧水を手に取って、両手でペタペタ。(おーさらに膜が貼ったようになるぅ)
最後に、乳液でこれでもかとダメ押し!(私は乳液は寝る前のみ)

息切れしてません?ここまで終わったら残り20%です。
ココまで来ると、お肌が別物になってるのが実感できます。しっとりぷるぷる!下地の準備はできました。
化粧の順番としては、次はファンデーションです。魔法使いサリーが使ってるアレですね。代表的な化粧の仕草パタパタ。
で、状況に合わせて部分補正で「コンシーラ」とか「BBクリーム」を使って仕上げます。(私はBBクリームのみ)

3) BBクリーム
これはファンデーションと下地の役割があるので、私はファンデーションは省いています。(日焼け止め効果もあるとか)
カバー力があるので、厚塗りに注意することとよく延ばすことで誰でも自然な仕上がりの化粧ができます。(実感)
塗った周辺をよく延ばしてなじませる、フェイスライン(輪郭)に向かって薄くなるように塗るのがコツですね。

いろいろ読んで、私は粉パタパタはしたくなかったのでBBクリームだけでメイクしています。これは本当にすぐれもので、チューブから少し指先にとってシミの所に置いて指先で伸ばすとスーと肌になじんで目立たなくなります。薄くなるだけなのですが、これだけで随分違います。
黒ずんだ部分などのポイントに全て塗るとガラッと変わります。しかも化粧しているように見えない自然な感じ。(作業時間:3分)
今のところ、家人にも会社でも気付かれていません。
BBクリームは「神」です。

使用中アイテム

で、私が使っているのは下記の5種類です。顔だけでこれだけいるのですから女性の持ち物が多いのはうなずけます。

クレンジング

現状は、家人のクレンジングを黙って使っている(^^)
オイルタイプで、すーと化粧が落ちてしっとりします。amazonの欲しいものリストに入れたものは下記です。量が多くて香りもいいと評価が良かった。(オイルタイプ)

洗顔・化粧水・乳液(美容液)

1つ1つ選んでいるのが面倒だったので、セットのヤツを探したら下記のがあったのでそれを使っています。ビギナーは「セット」に安心します。
左から、洗顔フォーム(白いクリーム状のもの)、中央が化粧水(水のような液体)、右端がゲル状の美容液(透明)です。
乳液は、塗った後もかなりベタベタしているので寝る前の栄養補給と思って使っています。
カミソリ負けする肌なのですが、トラブルなく使えています。

付いてきた使い方説明書

BBクリーム

最初に読んだ記事に紹介があり、感でこれにしました。結果はアタリでした。
少し大きなオロナイン軟膏ぐらいの量なので、どのぐらい持つのかコスパがいいのかはこれからわかると思います。

ネコにやられた色素沈着部分が薄くなる

この他に、仕上げパウダーっていうのがあるらしいのです。(未使用)
BBクリームを塗った後に、パタパタすると顔全体が明るくなり、さらにシミやくすみを目立たなくするとのこと。
現状では、粉をはたく行為に抵抗があるので使ってはいませんが、どのぐらい変化があるのか1度家人のものをこっそり使って試してみたいとは思っています。

最後に
化粧品はケミカルな物質も含まれていますので、肌の弱い諸兄はテストしてからの使用をお勧めします。
では、元気な化粧ジジイが増えるきっかけになりますよう願って終わります。

あったら便利